伝え方の達人に!教えるために勉強するメリット

自身が理解するのと教えるのとは違う

素晴らしき野球選手がコーチとしての力も身に付けているとは限りません。分かりやすく教えることが出来る、それもまた大きな才能です。学校の授業を聞かずとも教科書を見ただけで分かる子もいれば、細かく説明してやらなければ理解できない子もいます。それぞれの子に分かりやすく指導するというのは大変難しいこと、何が分からないかも本人は分かっていないはずです。学校と違って個別指導塾だとその子にスポットを絞ってレベルを合わせられる柔軟さがあります。教え方を勉強しておけばそれを実践すればよいだけです。分かりやすい話し方とはどういうものかといった人生で役に立つスキルも身につきますし、他者に説明できるだけの力を持っているということはそれだけ自分が理解できていることの証明にもなり、自身にとってもプラスなのです。

苦手を得意に、生徒の自信を引き出す

勉強は学校で全体を対象に一通り教えられただけではなかなか理解は難しいもの、だからこそその教科を苦手なものと思い込んでしまっている生徒は多いです。そこで活躍するのが塾講師、彼らはそれぞれの子に適した教え方で魅力を語ってくれるのです。本当の面白さが分かったら・テストで点数が取れるようになったら、苦手が得意に変わるかもしれません。そうすると、もしかしたらそれが将来の職業になる可能性もあります。少なくとも不可能だと思っていた学校が合格の範囲内となります。自分が関わることで生徒にいい影響を与えることが出来た・彼らの人生を変えるきっかけが作れた、そう考えたらこのお仕事の素晴らしさが実感できることでしょう。